HOME > ARTIST > 井上 順

ARTIST

  • 井上 順 写真1
  • 井上 順 写真2
  • 井上 順 写真1
  • 井上 順 写真2

井上 順
JUN INOUE

生年月日
1947年2月21日
出身地
東京都
血液型
AB型
サイズ
身長 170cm

『朝日新聞 ReライフFESTIVAL2019』

■日時:3月1日(金) 10:00~19:00

■会場:ロイヤルパークホテル

■プログラム
1
Ⓐ11:00~12:15 関根勤さん&関根麻里さんトークショー
Ⓑ10:30~11:30 レディースアートネイチャー×大人のおしゃれ手帖
Ⓒ10:30~11:30 五街道雲助師匠 寄席・落語口演
2
Ⓓ12:45~13:45 近藤サトさんスペシャルトーク
Ⓔ13:30~14:30 若宮正子さん講演
Ⓕ12:00~13:00 関口知宏さん講演
3
Ⓖ14:30~15:30 磯田道史さん講演
Ⓗ15:00~16:00 岡副麻希さん司会 セミナー
※15:00~16:30 リアル読者会議 in フェス(申込方法が異なります)
4
Ⓘ16:30~17:30 唐橋ユミさんと学ぶ
Ⓙ17:00~18:00 井上順さんと小川郁さん対談「聴こえと脳の深い関係」協賛:リオネット補聴器
5
Ⓚ18:00~19:00 加藤登紀子さんトーク&ライブ
Ⓛ18:00~19:00 三浦雄一郎さん講演

■応募方法
インターネット(朝日新聞デジタル)・はがき・FAXのいずれかでお申込みください。
【インターネット】
http://t.asahi.com/rfa/
【はがき】
〒104-8691 東京・晴海郵便局 私書箱56号
朝日新聞ReライフFESTIVAL事務局
【FAX】
03-6682-4002(「朝日新聞ReライフFESTIVAL事務局」と明記してください)
———————————–
①「朝日新聞ReライフFESTIVAL参加希望」と明記
氏名(ふりがな)・郵便番号・住所・電話番号・性別・生年月日・職業・メールアドレスをご記入ください。
2人以上でのご参加を希望される場合は、各人が別々に1通ずつご応募いただき、それぞれに同行者の氏名を明記してください。
※同行者と同じコンテンツの当選を確約するものではありません。
②参加を希望するプログラムを上記タイムテーブルからお選びください。
1~5の時間帯ごとにそれぞれ第1希望から順位、タイムテーブルに書かれているアルファベット(Ⓐ~Ⓛ)でご記入ください。
<記入例>
1.第1希望Ⓐ、第2希望Ⓒ
2.第1希望Ⓓ、第2希望以降なし



5.第1希望Ⓚ、第2希望Ⓛ
※第2希望以降をご記入いただければ、第1希望の抽選に漏れた場合でも第2希望で当選する場合がありっます。
※第2希望以降がない場合は、ご記入いただく必要はありません。

■締切:2月12日(火)(はがきは当日消印有効、FAX・インターネットは24:00まで)

※入場は招待状をお持ちの方に限ります。※1枚の招待状で1名様のみの入場となります。
※各プログラムごとに定員があります。応募多数の場合は抽選になります。
※当選者の発表は招待状の発送をもって代えさせて頂きます。
※個人情報は招待状の発送のほか、朝日新聞グループの事業活動に伴う配送・提供・案内・調査などに利用します。

■お問合せ:朝日新聞ReライフFESTIVAL事務局 TEL:03-6226-5824(10:00~18:00、土・日・祝日を除く)

 

★★井上 順スペシャルライブ IN AWASHIMA HOTEL

人生を楽しむ貴方へ vol.3 限定80席

■日時:1月19日(土) サンセットルーム Open16:15 開場17:30
開演17:45 終演19:00 夕食終了予定21:00

■会場:淡島ホテル 内オデッセイ(静岡県沼津市内浦重寺186)

■料金:当日帰り(夕食付)¥30,500 / 宿泊(朝夕2食付)¥43,000

■お問合せ:淡島ホテル予約課 055-941-3136
淡島ホテルのHPはこちら

★朗読劇『九十歳。何がめでたい』に出演!★

【みどころ】『九十歳。何がめでたい』は大正12年生まれの作家・佐藤愛子が2016年8月に出版したエッセイ集。
世間のさまざまな物事に憤り、まっすぐにもの申すエッセイは「笑って泣いて、勇気をもらった」と大評判を呼び、125万部を突破。
2017年の年間ベストセラーランキング総合第1位に輝きました。その背景には、ユーモアを失わず、多くの艱難辛苦を乗り越えてきた作者ならではの「温かいまなざし」と「人生をたくましく生きるコツ」、そして「こんな風になりたい」という憧れもあるでしょう。
シニア層から小学生まで絶賛の声が寄せられた本作品を、作者と同時代を生きてきた同じく九十代の石井ふく子が演出を手掛け、原作の持つ自由な発想や痛快な語り口に、より忠実に寄り添える“朗読劇”として上演します。原作の全29編の魅力的なエピソードの中から選択し、朗読を主体としたなかにお芝居の要素も交えてお贈りする予定です。
佐藤愛子役は名女優三田佳子が務め、さらに佐藤愛子を取り巻くユニークな登場人物を井上順、石野真子、高田翔(ジャニーズJr.)の実力派俳優が演じ分けます。また、音楽は気鋭の尺八演奏家で多くの舞台音楽の作曲でも知られる藤原道山が手掛けます。
世知辛い現代を生きる幅広い世代の方に、笑って怒って共感してすっきりしていただきたい。そして、明日を信じていける…。
そんな作品の誕生を目指しています。

 

出  演:三田佳子 井上順 石野真子 高田翔(ジャニーズJr.)
原  作:佐藤愛子著 『九十歳。何がめでたい』(小学館)
演  出:石井ふく子
上演台本:黒土三男
音  楽:藤原道山
主  催:フジテレビジョン・明治座
製作協力:邑
製  作:明治座
問合せ:明治座チケットセンター 03-3666-6666(10~17時)
9/8(土)先行予約/9/9(日)一般発売

 

【会場・日程】

■東京 明治座 2018年11月30日(金)~12月1日(土)
開演時間:11:00/15:30
料金(税込)S席(1階席・2階前方席)6,800円
A席(2階後方席・車いすスペース)5,000円
B席(3階席)3,400円

※地方公演
■富山 富山県民会館 2018年12月2日(日)
お問い合わせ:富山テレビ放送 事業部 076-492-7106(平日10:00~17:30)
■静岡 グランシップ中ホール・大地 2018年12月13日(木)
お問い合わせ:テレビ静岡 事業部 054-261-7011(平日9:30~17:30)
■大阪 新歌舞伎座 2018年12月17日(月)
お問い合わせ:06-7730-2121(10:00~18:00)
■長野 ホクト文化ホール 2018年12月20日(木)
お問い合わせ:NBS長野放送 事業部 026-227-3000(平日10:00~17:00)
オフィス・マユ 026-226-1001(平日9:30~18:00)
■愛知 刈谷市総合文化センター 大ホール 2018年12月22日(土)
お問い合わせ:東海テレビ放送 事業部 052-954-1107(平日10:00~17:00)
■山形 やまぎんホール 2018年12月24日(月・祝)
お問い合わせ:さくらんぼテレビジョン 営業企画部 0120-150-616(平日10:00~18:00)

★井上 順 ~ハッピーエンターテイメントライブ&ショー~

■日時:9月24日(月・祝) Open16:00 1stSHOW17:30 2ndSHOW18:45
※2部構成・入れ替え制ではありません

■会場:銀座ケントス

■Music Charge:男性¥8,500 / 女性¥8,000

※ご飲食代及び税・サービス料10%別途

■お問合せ:銀座ケントス 03-3572-9161 (受付時間 17:00~2:30)

銀座ケントスのHPはこちら

1961年 グループ「野獣会」に加入(当時13歳)
「野獣会」とは、芸能・文化、詳しくはファッションデザイナー、ファッションディレクター、ジャーナリスト、映画・ドラマの演出家、役者、歌手、等々を目指す若者の集まり。

1963年 “田邊昭知とスパイダース”に参加(当時16歳)
ドラムス:田邊昭知/ピアノ・キーボード:大野克夫/ギター:井上尭之/ベース:加藤充/ギターボーカル:かまやつひろし/ボーカル:堺正章、井上順

1971年 ザ・スパイダース解散
解散まで、デビュー曲「ノー・ノー・ボーイ」を始め、「夕陽が泣いている」「いつまでも どこまでも」「風が泣いている」「なんとなく なんとなく」「バン・バン・バン」「あの時君は若かった」等、数多くのヒットソングを生み、TV歌番組、バラエティー、ドラマ、ラジオ、ライブステージ、そして映画と幅広く活動。

1971年春 ソロ活動開始
ソロデビュー曲「昨日・今日・明日」を始め、「涙」「お世話になりました」等のヒット曲を生む。
ドラマでは、当時“お化け番組”と言われ今なおその記録が破られていない「ありがとう」を含む数多くの作品に出演。また、伝説の歌番組といわれる「夜のヒットスタジオ」の司会なども担当し、芝居・歌はもちろんオールラウンドプレイヤーとして、現在もドラマ・音楽・バラエティー・トーク番組等のテレビ番組に出演。その他ラジオ・映画・CM・舞台・ディナーショー・コンサートでも活躍中。

 

▼主な出演作品


▽ ドラマ
TBS  「ありがとう」シリーズ
CX   時代劇スペシャル「一心太助」
NHK  日曜特集「礼文島」
NTV  森繁ドラマスペシャル「大逆転」
CX   “世にも奇妙な物語”「マジシャンのポケット」
ANB  「愛しの刑事」
TBS  「HOTEL」
CX   「正義は勝つ」
TBS  「渡る世間は鬼ばかり」
CX   「ルーキー!」
NHK  大河ドラマ「北条時宗」
NHK  連続ドラマ小説「ほんまもん」
NHK  月曜ドラマシリーズ「昨日の友は今日の敵?」
TBS  「それは、突然、嵐のように…」
TBS  愛の劇場「よい子の味方」
NTV  「ごくせん パート2」
NHK  「笑う三人姉妹」
NHK  連続テレビ小説「ファイト」
CX   「アンフェア」
CX   「アテンション・プリーズ」
NTV  「栞と紙魚子の怪奇事件簿」
TBS  「GORO’S BARドラマスペシャル」
TBS  新春ヒューマンドラマ特別企画「筆談ホステス」~母と娘、愛と感動の25年。届け!わたしの心~
NHKBSプレミアム プレミアムドラマ「歩く、歩く、歩く」
TBS  「居酒屋もへじ2」

他、多数出演

▽ 映画
「善人の条件」 (監督:ジェームス三木)
「流転の海」 (原作:宮本輝、監督:齋藤武市)
「ラヂオの時間」 (監督:三谷幸喜)
「60歳のラブレター」 (監督:深川栄洋)
「ちょんまげぷりん」 (脚本・監督:中村義洋)
「恋愛戯曲~私と恋におちてください。~」(脚本・監督:鴻上尚史)
「ホームカミング」 2
「JAZZ爺MEN」 (脚本・監督:宮武由衣)
「シグナル」 (原作:関口尚、監督:谷口正晃)
「メガネをかけてマスクをすると、いつも曇る」(脚本:関口尚、監督:山口智)
「D×TOWN 第六弾 痕跡や」
「百年の時計」(監督:金子修介)
「六月燈の三姉妹」(脚本:水谷龍二、監督:佐々部清)
「ばしゃ馬さんとビッグマウス」(脚本・監督:吉田恵輔)
「東京難民」(脚本:青島武、監督:佐々部清)

▽舞台
「夕やけ小やけでまだ日は暮れぬ」 (演出:石井ふく子)芸術座
「ビギン・ザ・ビギン」 帝国劇場
「SHOCK is REAL SHOCK」 帝国劇場
「Don’t trust over 30」 青山劇場~愛知厚生年金会館~大阪厚生年金会館
「奥様の冒険~わたしバカよね~」 梅田コマ劇場
「1954のホテルライフ」 THEATER1010
「おんなの家」 名鉄ホール
「ウエディング・ママ」 世田谷パブリックシアター他
「おんなの家」 新橋演舞場
「イヴ・モンタン~彼を憎んだ女と男~」 三越劇場 2011年4月22日~4月26日
「デビュー50周年記念 加トちゃん一座旗揚げ公演」 中日劇場 2011年10月7日~26日
1幕 唄う弥次喜多道中旅日記
2幕 爆笑!! 音楽ライブ あなたに贈る笑&ショー

▽CM
日産自動車
SUNTORY『白い金麦』
LIXIL(リクシル)第二弾~

▽現在のレギュラー番組
NHK Eテレ 「ピタゴラスイッチ」
テレビ東京他「元気にありがとう」